Skip to content

保育士の専門学校の良いところについて

保育士の専門学校は、指定保育士養成施設であることがほとんどです。この場合、卒業すると資格を取れます。難しい試験に合格する必要がなく、2年という短期間で資格を取ることができるため、確実に資格を取ってすぐに働きたいという方に適している選択肢です。保育士の専門学校の中には指定校と呼ばれる、文部科学書の指定も受けている学校があります。

その場合は、専用のコースを選べば、幼稚園教諭の資格も同時に取得することが可能です。指定校ではないパターンでも、併修校といって、指定を受けている短期大学の通信課程を活用して両方の資格が取れるコースを用意しているところもあります。わかりやすくて学費の納入も1か所で済むのは指定校ですが、併修校は専門学校卒の資格だけではなく短大卒の資格も同時に手に入るというメリットがあります。2つの学校を卒業しなければならない点は大変に思えますが、実際はそれ専用にカリキュラムが組まれているので、さほど大きく負担が上がるという訳でもありません。

好きな方を選択すると良いでしょう。専門学校で保育士になるルートを選ぶと良いところは、就職率が高いことです。学校側のサポートも手厚く、実績のある学校であれば専用の求人もたくさん届いているため、就職に有利です。資格を取っても働く場所が見つからなければ意味がありませんので、卒業後に実際に働くことも見据えて考えれば、保育士の専門学校は賢い選択肢となります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です