Skip to content

保育士資格を専門学校で取得するメリットとデメリット

保育士資格は保育に関する国家資格で保育に関する専門の知識やスキルを持ったことを証明できる資格です。保育士の資格を取る方法はいくつかあって、児童福祉施設で5年以上かつ7200時間以上実務経験を行って国家資格に受験資格を得て試験に合格する方法があります。一番多いのは高等学校卒業後に専門学校や4年制大学や短期大学に通って資格を取得する方法です。高等学校卒業後に保育士養成学校に通って取得を目指す場合にもいつくか選択肢がありますが、その中でも専門学校を選んだ時もメリットとデメリットがいくつかあります。

専門学校の場合は基本的に2年間で卒業になるので、4年制大学で勉強して取得するよりも短い期間で卒業できます。その分だけ早いうちに就業する事ができるメリットがあります。また専門学校の場合は保育に特化したカリキュラムで勉強する事ができます。専門学校で保育士を目指す時のデメリットは卒業までの期間が2年間なので、スケジュール的にはかなりハードで勉強についていけない事もあります。

自分のペースで学びたいという人にとってはデメリットになりますし、他の事と並行して学校に通うのも難しくなります。勉強するスケジュールにあまり余裕がないので、4年制大学と比べるとインターシップや実習など現場を体験する機会は限られてくる事もデメリットです。学校の形態は様々で、それぞれにメリットとデメリットがあるので個人にあった学校を選ぶのが良いです。大阪のエステ学校のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です