Skip to content

専門学校は保育士資格を取得するための選択肢の1つ

現在話題の職業である保育士は、児童福祉センターや保育所などで、専門的な技術と知識を使って児童の養護と教育をする職業です。保育士として働くためには、資格を取得したのち登録する必要がありますがその資格を取得するためには2種類の方法があります。都道府県知事の指定を受けた学校で所定の課程を履修することが1つの方法で、もう一方は1年に1回実施される国家試験である保育士試験に合格する方法です。知事の指定を受けた学校としては四年制大学と短大、専門学校があります。

大学や短大は保育と直接の関係がない教養科目も多いですが、専門学校だと保育現場でダイレクトに使える技術と知識を学べることが大きな違いです。専門の場合には卒業した瞬間に保育士資格を手に入れられるので、卒業見込みという形で就職活動ができるのがメリットとして挙げられます。保育士の専門学校は基本的に2年制ですから、4年制の大学に比べてお金を掛けずに早く保育の仕事につけます。ですので、保育を一生の仕事にしたいと決意している人にとっては専門学校は最適な選択したのではないでしょうか。

基本的に2年制ですが、学校によっては3年制のコースを設けているところもあります。駆け足で勉強するのに苦手意識を感じている人や、実践が不十分なまま現場に出るのが不安な人にとっては向いているかもしれません。似た職業である幼稚園教諭の免許が取れる専門もあるので、チェックしておくのがいいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です