Skip to content

保育士を目指す際に注意したい専門学校選び

保育士を目指す方法は様々にあり、専門学校や大学での授業や実習を通して学んだり、通信講座などで勉強をしたりすることになります。同じ資格を取れるならどの方法でも差はないように思えますが、実際に保育士としての職を探す際に大きく影響するので注意が必要です。大学や専門学校によって、提携していたり、良好な関係を保っている保育園や幼稚園などがあります。そうした場所で実習を受け入れてもらうことで実際に現場での業務を体験できたり、資格取得に必要な実習時間をこなすことができます。

また、実習期間を通して保育園、幼稚園の先生たちとの関係性も出来てくるので、定員に空きがあれば卒業後は実習先の園に就職するということも珍しくありません。そのため、保育士の専門学校を選ぶ時は、カリキュラムや教育方針なども重要ですが、その専門学校がどのような保育園や幼稚園と関係を築いていて、卒業生の進路がどのようになっているのかという点にも注目する必要があります。中にはせっかく学校側が斡旋をしてくれるからと断り切れず、自分が思い描いていた保育の現場とは違う方針の保育園に就職することなり、理想と現実のギャップに悩まされるというケースも少なくはありません。保育士の専門学校を選ぶ時は、その講義内容やカリキュラム、実習などの現場体験時間だけでなく、様々な方針の保育園や幼稚園と幅広く関係を築いている学校を選ぶことで、自分が理想とする現場で保育士として働ける可能性が高まります。

大阪のメイク専門学校のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です