美肌を作る為の睡眠美容

睡眠不足がブスを作ると言う程、寝ることは美容にとても大切になってきます。睡眠不足で成長ホルモンの分泌が減ってしまうと、代謝が悪くなったり、細胞の結合が弱くなります。そうするとターンオーバーのリズムが乱れ、シワやシミ、吹き出物や乾燥などの肌トラブルを引き起こしてしまいます。また、血流が悪くなり、目の下にクマができてしまいます。

この成長ホルモンを正常に分泌させるにはお肌のゴールデンタイムという時間帯に寝ることが大切です。お肌のゴールデンタイムは午後22時から午前2時のことを言い、1日のうちで成長ホルモンの分泌が最も多い時間帯なのです。しかし、仕事が忙しい方は22時に寝ることが難しい方も多くいます。成長ホルモンを多く分泌させるには眠り始めの最初の3時間が大切と言われているので、0時には寝るようにすると美容に良いです。

睡眠時間も美容に大きく関わってきます。理想の時間は7~8時間寝ることができると体にも肌にも良い影響を与えます。なので、7時に起きる方は0時には寝るようにした方が良いのです。寝たくてもなかなか寝つけない人も多くいるかと思います。

そういう人はストレッチをしたり、難しい本を読むと質の高い睡眠を取ることができます。激しい運動は逆効果なので、注意が必要です。難しい本を読むと良い理由は、人間の脳は難しい物事になると、休む方向に働いてくれるのです。逆に夢中で本を読んでしまうと、脳が冴えてしまうので注意が必要です。

このように寝る時間帯などを考えて睡眠すると、体にも美容にもとても良い影響を与えてくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です