美容のためにはより良質の睡眠を

美肌を心掛けるためには良い睡眠を取ることが必要です。若い頃は多少夜更かししても大丈夫でしたが、だんだん年齢を重ねてくると翌日の化粧ノリが良くないと感じる人は多くなってくるでしょう。美容のためには睡眠時間もそうですが、質も重要になってきます。しかしただ長時間寝るだけではいけません。

人間は、眠りについてからおよそ30分後くらいでノンレム睡眠という一番深い熟睡状態になります。その後3~4時間程かけて美容のためになる成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは22時~2時くらいがもっとも分泌されるといわれています。美容のためにはその時間帯にノンレム睡眠になるよう就寝時間をコントロールすることが理想ですが、現在では22時就寝は難しいのが現状でしょう。

しかし眠り始めの3~4時間を良い睡眠時間にすることでカバーすることができます。例えば、寝る前にコーヒーなどカフェインが含まれるものを飲まないようにするのも方法の一つです。カフェインには覚醒作用があり眠りを妨げてしまいます。また、スマホやパソコンなどの電子機器から出るブルーライトは脳を刺激し、眠りの質を浅くすることもあります。

逆に部屋を暗くしておくと眠りの質が良くなります。大切なのは脳をリラックスさせることです。ゆったりとした癒しの音楽をかけてみたり、心地好い香りのアロマオイルなどを香らせてみたりさせるのがおすすめです。就寝前に軽いストレッチをするのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です