健康維持に大切なのは食事と睡眠と運動習慣

失ってはじめて大切さに気が付く一つに健康がありますが、年齢を重ねるほど健やかな心身があることが大事かを痛感します。いつまでも自分の健康を維持するためにも、心掛けたいことの基本は食事と運動と睡眠です。病院へ行きたくさんのお薬をもらうことでも、サプリメントをたくさん飲むことでもありません。本来人間の身体は自ら治ろうとする力が備わっており、免疫力を高めることで自然治癒も発揮をしやすいです。

便利な世の中なのであまり動かなくても、家電製品が家事をしてくれますし、食べ物もコンビニやファーストフードで済ませることもできます。でも運動不足で食品添加物や砂糖、精白した食べ物や酸化した食品ばかり食べていると、あらゆる不調や生活習慣病を招きやすいです。パソコン作業が多いのも現代人ですが、動かないことで筋肉が高くなり、肩こりや腰痛などに悩まされます。まず見直したいのが食生活であり、できるだけ自然な形の食べ物を普段から口にすることです。

健康を左右するのは普段食べている食事であり、酵素の多い新鮮な食材を使った献立は、ビタミンやミネラルなどを豊富に摂取することが出来ます。砂糖は血糖値をアップダウンさせてしまうので、自然の野菜や果物に質の良いたんぱく質、海藻類などを積極的に食べることです。運動習慣をつけることで代謝も良くなりますし、肥満になることもありません。夜の睡眠も重要であり、22時から2時までのゴールデンタイムを全て睡眠に当てられなくても、その日のうちに眠るようにすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です